05
6
8
11
14
16
19
22
24
26
27
28
29
30
31
   

それぞれのできること

徐々に体調も復調してきたので、色々と水面下で活動開始。
とはいえいきなり大きく動くことは出来ないので、出来る事から少しずつ。

意外な方から経験談を聞かせてもらったりして吃驚。
やはり珍しい話ではないもので、本当に身近なところから参考になる話を聞かせてもらえた。
まずは焦らない事。
焦ったところで何の解決にもならない。
出来そうなところからやり始め、慣れてきたら色々と動き出す。
そうして、自分のペースや可能な事を掴んでいければ。


さて、どこからの再出発になるか。

スポンサーサイト

もう少し早く発表して欲しかったかも

予想通りミステリーフリーズはGRで確定。
アニメでは山札上4枚効果と言っていたけど、実際のテキストは山札上4枚をバインド。
これはクロノジェット軸以外でもクロノファングでも噛み合いそうな感じか。


さて、シャドウバースは今日メンテがあったんだけど、そのメンテの前日になる昨日になって突如3枚のエラッタが発表。
日韓戦を終えたタイミングでの調整って事なんだろうけど、メンテの前日に突如っていうのはいささか急な告知だった。

エラッタされるのは環境の2トップだったドラゴンとネクロマンサーのキーカード。
ドラゴンからはライトニングブラストと風読みの少年ゼル。
ネクロマンサーからは骨の貴公子。
いずれも環境でヘイトを稼いでいたキーカードだったので、エラッタで下方修正されることは納得。

ライトニングブラストはエンハンス10による全体除去スキルがまるまる削除。
このエンハンス10による無慈悲な全体消滅が猛威を振るっていたので、それがそっくりそのまま黒歴史となった。
とはいえ、アミュレットも対象に取れるとはいえ、6コス単体除去ではやや重いからと付けられただろうエンハンス。
そのエンハンスが強烈過ぎたから調整は当然ではあるけど、削除で終わりじゃなくて代わりのエンハンスを付けて欲しかったところ。
例えば、エンハンス10で対象が1枚じゃなく2枚とか、エンハンス9で1枚消滅させたあと1ドローする、とか。
全然使えないスペックではないし、仮想敵次第でまだまだ現役だろうけど、安直な規制に感じた。

ゼルはその軽さが容易にフィニッシャーと結びついていたため、コストが2→4に増加。
それに伴いサイズも4コスト標準の3/4に変更となった。
こいつに関しては進化権を使うとはいえあまりにも容易にフィニッシャーが作れて、尚且つそれが2/2/2のフォロワーで出来るっていうあまりにやり過ぎたカードだった。
1コスト増加させただけではまだサハクィエルとコンボ出来てしまうので2コスト増加、4/2/2じゃさすがにサイズがアレだからサイズも修正と概ね納得できる。
強いて難点を挙げれば、この見た目でその戦闘力なの?っていう…。
とはいえ、こいつがもしエラッタされなければ今後のドラゴンのカード追加自体に悪い影響を与えていただろうことは間違いないし、エラッタして当然ってところだろう。
騎竜兵でコストを軽減したり、リヴァイアサンのようなコスト対潜踏力の高いカードと組み合わせたりと、使い方次第では採用も期待できるか。

最後の骨の貴公子は単純にコストが1増加。
1コスト2コストと順当にフォロワーを展開し、その後こいつを出すだけで非常に継戦能力の高い場を作る事が自然な流れで出来、高過ぎないコストのために中盤以降は他のカードと組み合わせて場を作る事も。
1コスト増えるだけでも上記の流れは難しくなるし、オルトロスをはじめとした他の4コストのカードとの兼ね合いも出てくる。
小さくない影響はあるだろう。
が、ドラゴンに比べると被害は少なく、戦術を根幹から否定されたわけではないので環境には残るんじゃないかなぁ。
まぁ無難なところで落ち着いた感じ。


正直今のシャドウバースはドラゴンとネクロマンサーが環境を席巻し、ランクマッチをやってもほぼ9割上記2クラスにしか当たらず、非常にやりづらい環境になっていた。
個のエラッタで少しは環境が健全化してくれればいいけど、また別のデッキが台頭してくるんだろうなぁ…。
イージスビショップとか明らかに伸びてきそうだし。

用意してあるとはいえ…

今日のヴァンガアニメで登場したミステリーフリーズドラゴン。
GB3かつGペルソナじゃない、尚且つ派手めな効果って事でGRになりそうな匂いがプンプンしてる。
仮にこいつが6月の新弾のGRだとすると、既に判明済みのG4ガンスと合わせてGR2種両方回収することが濃厚になってしまう。

そうでなかったとしても、ダクイレとかげろうで優秀なRRRがほぼ内定しているし、ここ数カ月余りヴァンガに出費しなかった分来月のヴァンガはかなり出費してしまう事になりそうか。
今月のファイコレが安く済んだのが予想外だったとはいえ、ね。
まぁこれを乗り切れば7月はバミューダだろうから完全スルー出来る。
G4ガンスがGRだと判明してからそれ相応の予算を確保してあるとはいえ、やっぱりまとまった出費は痛いところ。
そのためにお金貯めていることではあるけども。


てかGR2種とも欲しくて、尚且つRRRも多くが用がありそうってなると、久々に箱買い含めて剥いてもいいかもね。
収録クランで手持ちにないぬばたまは、今回大々的に強化されるって事で万が一当たっても買い取り高そうだし。
同じく手持ちにないジェネシスは身内に使い手居るし…、てか新弾のジェネシス中々良さそうだから引き取るだろうし。
ボックス予約してまで剥く必要はないだろうけど、頭の隅ではいろいろ計算しておこう。

タイミングが悪い、元々決まっていたんだとしても

艦これ、とうらぶがイベント消化で落ち着いているので、他の方に時間を割ける。
デュエルリンクスはやはり要望が多かった、絶版されていた1弾が復刻。
これでようやく梶木の育成が出来るし、折角入手したサクリファイスもデッキになる見通しが。
まぁサクリファイスはウルトラが複数必要なので、どの道険しい道であることに変わりはないけども。
梶木の方は貯めていたジェムである程度パックを剥いたら必要なカードがそこそこ揃ったので育成を開始。
後はトレーダーからハンマーシャークを複数貰わないと。


そしてバンケツはロキを手に入れられない人が多いままイベント期間が終了。
やはり1週間って期間の短さと、確定入手のハードルの高さはネック過ぎた。
いくら復刻の可能性があるって言っても、いつになるか分からないし…。
500回イベントステージ周回してもロキドロップしなかったとか聞くとゾッとするし、確定入手までイベント完走してもドロップしなかったってのはもうさすがに…。
紫玉を消費しないと出撃できないバンケツと稀ドロップは相性悪いってのがよく分かったし、150回程度の周回で1人入手できたのは改めて幸運だったと実感。

メンテ後は予定していた通り修験界キャンペーンの復刻。
ちょうど育成が足りないキャラがズラリといる状態なので本当に助かる。
GW小話で登場したって事でヤマトタケルとササキコジロウのピックアップも同時に開催、虹灯明も配布された。
が、私はこの2人既に所持しているので虹灯明はデイリーで消化し、ミスマルは修験界での育成に使う予定。


ここまでは良かったんだけど、予定通り追加された衣替えアマクサシロウと新キャラのニギハヤヒがネック。
なんと、どちらも課金限定での入手。
衣替えアマクサシロウは兵種も変わり、専用技も用意された優秀な個体。
とはいえ、既存キャラのマイナーチェンジって事で課金限定ってのもまぁ納得。
過去には正月時の福袋限定だったマイナーチェンジ版タケミカヅチっていう前例もあるしね。

だけど完全新キャラになるニギハヤヒまで課金でしか入手できないってのはちょっと不満。
課金キャンペーンに入れると同時に、いつも通り通常の鶺鴒台にも入れて欲しかった。
こういった前例ができてしまうと、今後は新キャラが来ても課金でしか入手出来ないのではって危惧も生まれてくる、ニギハヤヒが特例って可能性も勿論あるけども。
何より、多くの人がロキを入手できなかったこのタイミングでの露骨な課金プッシュは、荒れる原因にしかならない気がする…。
仮に既に決まっていた路線だったとしても、ね。


そこまでバンケツに課金する気のない私は、マイナーチェンジアマクサもニギハヤヒもスルー。
特別欲しいキャラでもないし…。
ニギハヤヒは課金限定とは書いていなかったから、いずれ鶺鴒台に追加される可能性もゼロとは言えない。
が、仮にも課金特典になったキャラだから追加されるとしても相当先になるだろうね。
まぁ急いで欲しいキャラでもないし、それで十分。
今週は育成キャンペーンを頑張る事にしよう。

早くも汎用リンクが続々と

Vジャンフラゲから当面の情報が色々と。


まずは来月のデュエリストパック。
レジェンドデュエリスト編って事で、各世代メインキャラのカードが続々と。
サイバーダークは自前で装備を確保できるようになったり、ロイドは明らかにスピードロイドを対象から外そうとしたり。
三沢っちのウォータードラゴンも懐かしい、もはや何年ぶりだって言えるくらいのテコ入れ。
…しかしロイドは、スピードロイドじゃない翔の使ったロイドにも風属性があるのに、まぁこの辺は仕方ないかなぁ…。

同月のSDは新期のサイバース族がメイン。
基本的にリンク召喚中心で戦うのがコンセプトだけど、単体で十分機能できるカードもチラホラ。
通告やエアーフォースが再録で封入されるので、購入は十分視野。
新主人公が使うカード群だから将来性の高さは抜群なので、その点でも購入は検討に値するだろう。


そして7月の通常弾には新たなカテゴリーや新リンクモンスター。
よもやメタファイズがカテゴリー化するとは…。
ヴァレルロードドラゴンとアカシックマジシャンは使いやすいリンクモンスターなので、早くもこの弾で回収候補が2つも確定したことに。
これはこの月は遊戯王で出費しそうだ。


最後に、今月のVジャン付録もリンクモンスターだったけど、来月もそれは続行。
今月はLINK1とはいえサイバース縛りだった。
来月は果たして…。
今回の情報見た限りでは、6月は正直パックは遊戯よりもヴァンガードの方で出費しそうだけど、7月は遊戯になりそうかな。

プロフィール

シャドー

Author:シャドー

厳しく凛々しく優しくね

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

フリーエリア

  

最新コメント

カウンター

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム